三角西港物語 三角西港

 三角西港(みすみにしこう)は、明治三大築港のひとつであり、明治政府の国内統一、殖産振興の政策に基づいて建設された地方港湾の1つで、オランダ人水理工師ムルドルの設計によって、明治17年から明治20年にかけてつくられた。100年の歳月がたった今も当時の都市計画・石積埠頭がほぼ無傷のままのこっている。

三角西港の歴史

三角西港レトロマップ

三角西港の石積み 

三角西港 施設ガイド

三角西港の夜景

アクセスマップ

天草1号橋「天門橋」ガイド

ダウンロード(壁紙・素材)

うきDEガイドくまもと



このサイトについて

(C)2003 三角西港物語